FC2ブログ
[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->

菓蔵家  野の菓子つれづれ nonokashi

simple is beautiful  筑紫平野は東北端、朝倉から心に感じたままに綴っていこうと思います。

めんたいワイドに!  

20181002200304c21.jpg


今日は、めんたいワイドの

千歳飴の生中継でした。

斉藤さんさんと石川さんが取材に

来てくれました。

取材が終わって、

忙しいのに、私達の仕事が終わるまで

待って戴いて、気持ちよく

みんなで記念写真を撮って戴きました。

有難うございました。

category: メディア取材情報

tb: --   cm: --

「美しい日本に出会う旅」に  

IMG_11762.jpg

二月三日午後七時から、BS TBSの「美しい日本に出会う旅」という番組で少しですが

当店の甘木棒飴の製造風景を取材していただきました。

私が思っていたよりも多く映っていたので驚きました。

こうしてメディアに取材していただくと改めて長崎、佐賀、福岡のつながりや

興味深いものが沢山あるのだなと感じました。

category: メディア取材情報

tb: 0   cm: 0

西日本新聞に  

IMG_0766.jpg

昨日、西日本新聞の夕刊に 千歳飴作り を掲載していただきました。

いま、七五三の千歳飴作りのピークが続いています。

子供達の健やかな成長を願って作っています。

飴を炊く人、引く人、延ばす人、切る人、包む人、発送する人と、皆一生懸命。

西日本新聞さん、ありがとうございました。

category: メディア取材情報

tb: 0   cm: 0

西日本新聞で三奈木砂糖  

IMG_6594.jpg

今日の、西日本新聞夕刊の「土曜コラム」で、三奈木砂糖を御紹介していただきました。

写真は、父です。

三奈木砂糖は、安価な輸入物の砂糖に押されて、一度は市場から途絶えたのですが

当店は元々、飴の中に三奈木砂糖を使用していたので

四代目の、床嶋正義は何としても、もう一度三奈木砂糖を使い、飴や菓子が作りたいと思い、奔走し

生産者の方や農協の方に働きかけ、1982年に復活を果たす事が出来ました。

当時、21歳だった私は、父の三奈木砂糖復活に奔走する父の姿を見ておりました。

土地で生産するものが、土産だという父の信念を、これからも受け継いでいきたいと思います。

復活に際しての詳しいいきさつも、いづれこのブログでもご御紹介したいと思います。

category: メディア取材情報

tb: 0   cm: 0

本、「ニッポンの和菓子」  

IMG_6553.jpg

Discover Japan

枻出版社の「ニッポンの和菓子」に、当店の「かりんと三奈木」を掲載していただきました。

少し前に掲載依頼があったのですが 本が今日届きました。

今、私も一番注目している新進気鋭の和菓子店から、有名な老舗和菓子店や地方の隠れた名店が紹介されています。

そんななか、一緒の本に紹介していただけたのでとてもうれしいです。

category: メディア取材情報

tb: 0   cm: 0