FC2ブログ
[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->

菓蔵家  野の菓子つれづれ nonokashi

simple is beautiful  筑紫平野は東北端、朝倉から心に感じたままに綴っていこうと思います。

久住キャンプ  

我が家恒例の久住キャンプ
CIMG3779burogu.jpg
我が家御用達の久住キャンプ場。
毎年、おなじ時期に行くので顔なじみのキャンパーの方が数組おられた。
皆、平日なのでご商売かサービス業のかただろうか?
CIMG3826burogu.jpg
高原に咲く可憐な撫子の花。妻も結婚当時は大和撫子のはずだったが、今ではカサブランカのようだ。やはり母はつよし!
CIMG3843.jpg
すすきや、つりがね人参、萩、おみなえしなど高原はすっかり秋めいていました。

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

赤とんぼ  

CIMG3753.jpg
菓蔵家の菓子工房のすぐ裏の田んぼの畦に赤とんぼがいた。
毎日暑い日が続くが、間違いなく秋がちかづいている。
CIMG3735.jpg
早朝、我が家の横の水路脇に朝顔が咲いていた。
一瞬だが見とれてしまった。
遠くへ行かなくても、すぐそばでこんなにきれいな花が見れる。
ありがたい。

菓蔵家

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

  

CIMG3751burogu.jpg
毎年お盆になると菓蔵家には、大勢の帰省のお客様にお立ち寄りいただきます。
ありがとうございます。
菓蔵家

category: 店舗

tb: 0   cm: 0

お盆近づき  

菓蔵家の上生菓子(清流)
CIMG3721burogu.jpg
立秋もすぎ、お盆が近づいて参りました。
お店も工場も日に日に忙しくなります。
上記写真は上生菓子で清流です。

清流を泳ぐ鮎をあらわしています。
朝倉にはまだまだ山間部に入るときれいな川が流れています。


菓蔵家

category: お菓子

tb: 0   cm: 0

夕空  

大切な時間(菓蔵家)
CIMG3709.jpg
昨日の夕方の空、久しぶりに工場のスタッフと夕食事に行く途中、
社長夕焼けがきれいですよ、とおしえてくれた。見上げるとと本当にきれいだった。
忙しい現代人にはゆっくり夕焼けを見るゆとりはないが
お盆を過ぎて少し、暇ができたらゆっくりと夕焼けでも見に行こうと思う。
菓蔵家

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

美味しい水と空気  

CIMG3694burogu.jpg
以前、父が筑前岩屋に美味しい水があるらしいから,汲みに行きたいと言っていたので
さっそく父と次男・長女・四人で岩屋の駅横にある水汲み場に行ってきました。
長男はクラブがあり夏休みでも,なかなか一緒に遊びにいけなくなりました。
水はまろやかで美味しかったな~。(菓蔵家)
この後、きれいな空気を求めて英彦山へ・・・・
CIMG3697buro.jpg
スロープカーにのって英彦山神宮へ、
CIMG3703burogu.jpg
以前は、この石段を登り降りしていました。今でもご年配で達者な方はスロープカーは使われていません。
-- 続きを読む --

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

葛シュー(古処シュー)  

syoukai3.jpg
CIMG3666.jpg
菓蔵家の人気商品の一つ葛シューです。以前は古処シューというネーミングでしたが
もともと、カスタードに葛を使っていましたので、地元の秋月の名産である葛シューという
ネーミングに変更いたしました。
最近、お店で名前が変わって味もかわったんですかと時々聞かれますが以前と同じ製法とレシピで
無添加で製造しておりますので安心してお召し上がりください。
今後ともよろしくご愛顧の程よろしくお願いいたします。
菓蔵家

category: お菓子

tb: 0   cm: 0

水路  

CIMG3668.jpg
此処は朝倉市の甘水(あもうず)地区の農家の庭先を流れる用水路。
やかんには、麦茶でもひやしてあるのでしょうか。飲みたいな―…。
とにかく水がきれいでつめたいのです。(菓蔵家)
CIMG3671.jpg
店飾り用(菓蔵家)の野の花を探しに少し上流の谷に入り込むと、小さな小さな猫の額ほどのかわいらしい沢がありました。もう,水引がすこしだけさいていました。
あまりの暑さに此処で、頭から水をかぶり、顔をあらいました。
さすが山水、冷たくて気持ちよかった・・・・・・。
菓蔵家

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

好きな灯り金魚  

CIMG3663.gif
ショーケース上の灯り
涼しげなステンドガラスの灯り
これは築後吉井の立丁尾花さんの優しい灯りです。
氏は、ステンドガラスの技法をスペインで習得されたかたです。
和風の空間によくあうとおもいます。
この金魚もプリントではなく手書きでかいてあるんですよ!
季節にあわせて時々入れ変えてたのしんでいただいています。
(菓蔵家)




kaguraya

category: 室礼

tb: 0   cm: 0