[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->

菓蔵家  野の菓子つれづれ nonokashi

simple is beautiful  筑紫平野は東北端、朝倉から心に感じたままに綴っていこうと思います。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

菓蔵家の冬菓子2  

南天です。 (難を転じて福となす。縁起菓子)                                 菓蔵家 
CIMG4408burogu.jpg
昨日に引き続き冬菓子で南天を作って見ました。
南天の赤い実や葉に雪がうっすらと積もっている様を表しています。
私は雪の降り積もった谷間に生えている南天の赤い実を見るのが好きです。
白い雪に赤い南天の実、それはそれは美しいのです。
今年は、雪景色が見れるとよいが・・・・・・・・
これに、もう少し手を加えるとクリスマスツリーになったりもします。
いやー和菓子って本当に季節を味わえますねー。
CIMG4404burogu.jpg
菓蔵
スポンサーサイト

category: お菓子

tb: 0   cm: 0

菓蔵家の冬菓子  

菓蔵家の寒椿。
CIMG4403burogu.jpg
ようやく冬らしくなって参りました。そこで生菓子で寒椿をつくりました。生地は煉りきり製で中餡は小豆漉し餡です。
和菓子は、手の平の中での作業と指先での作業が多いので器用さと繊細さが要求されます。
さらに色彩感覚も大事です。その為にはやはり日頃から自然と親しみ本物の草花を観察
するのも大切な時間だと考えています。
私は、一体菓子を作るために野に出るのか、野にでたいが為に菓子を作るのか
時々解らなくなる時があります。
そんな事はともかく、菓子で草花を表現できるのは幸せな事だと感じる今日この頃です。

category: お菓子

tb: 0   cm: 0

柿が大好物!  

菓蔵家の柿菓子下拵え。
CIMG4356burogu.jpg
私は、果物の中でも柿が大好物です。今の時期は日に2個は必ず食べます。
福岡県朝倉は、全国でも有数の柿の産地です。
私の、修行地である奈良県も柿の産地だったので柿を使った菓子も数種類作っておりました。
正岡子規も、俳句で「柿喰えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」と詠んでいます。
生産者の方から、試作用にと柿を沢山いただいたのでさっそく、柿の下ごしらへをしました。
CIMG4396burogu.jpg
以前は、手で皮を剥いていたのですが大量に剥くと手が痛くてかなわないので
今は、電動皮剥き機を使っています。ぐんと皮剥きが楽しくなりました。

-- 続きを読む --

category: お菓子

tb: --   cm: --

店内暖簾変えました。  

菓蔵家
CIMG4346burogu.jpg
ちょっと、遅れましたがお店のイートインスペースの暖簾を椿に変えました。
この椿の絵もプリントではなくて、作家さんの手書きです。
この暖簾、篠栗にある陶花さんで求めたのですが、ギャラリーの横には
カフェレストランがあります。
CIMG4338burogu.jpg
カフェレストラン陶花さんです。天空に浮かぶシンプルでモダンで素敵ななお店です。
陶花さんへ、お伺いするときにはこちらへ寄るのも楽しみにしています。

category: 室礼

tb: 0   cm: 0

一休みですか、何見てるんですか?  

菓蔵家
IMG_0971burogu.jpg
昼休み、近所の佐田川で見かけた鳥。
私は鳥には明るくないので名前はわからないが立ち姿があまりに、
突っ立ていると云う表現がぴったりだったのでパシャリ。
IMG_0972burogu.jpg
近づくと、飛んで逃げた。意外に飛ぶ姿はかっこいいじゃないですか。
行ってらっしゃーい。



菓蔵家

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

野の花  

菓蔵家
IMG_0948burogu.jpg
朝、一番の仕事を終え寺内ダム周辺へ、の店飾り用の花摘み。
こういう菊の花がすきですね。
IMG_0951burogu.jpg
たんぽぽ、もうじき風で飛ばされます。
朝倉市寺内ダム湖公園にて。
菓蔵家

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

両親と紅葉  

家蔵家
IMG_0723burogu.jpg
今日は、火曜日で私は、休日なので一人で耶馬溪に紅葉狩りにでも行こうと思っていたのだが
父から鳥栖の病院に乗せてて行ってくれと云われて、母も一緒に鳥栖へと向かった。
その後、父が九年庵(旧伊丹邸)に行って見たいと云ってくれたので(私も、一度、
行ってみたいと思っていた・・・)良かった。
この日はちょうど、一般公開日だったので平日というのに大勢のお客様で賑わっていた。
紅葉も、茅拭き屋根の数寄屋作りでどちらも見応えがありました。

IMG_0717burogu.jpg
築庭も見事でした。
IMG_0726burogu.jpg

IMG_0753burogu.jpg

IMG_0733burogu.jpg
ゆっくり、庭園を見た後、父が御抹茶を戴こうというので一休み。
IMG_0741burogu.jpg
御抹茶とお麩餅を戴きました。やはり落ち着きます。
IMG_0721burogu.jpg
雪隠
IMG_0751burogu.jpg
此処はお隣の、仁比山です。
今日は、思わず父のお伴をした御蔭で、日本の秋を満喫出来ました。


菓蔵家

category: 徒然

tb: 0   cm: 0

テレビ西日本千歳飴取材  

菓蔵家
CIMG0466burogu.jpg
今日は、テレビ西日本の毎週土曜日、朝10時30分から放送されているキューブという番組で、
七五三の千歳飴が放送されました。
写真は、千歳飴について説明している4代目(父)と、リポーターの伊藤さんです。
毎年、この時期になると新聞やテレビで千歳飴や三奈木砂糖を取り上げて戴けます。
本当に、有り難いことです。
そういえば、我が家の次男も5歳の七五三お祝いをしなければ!

category: メディア取材情報

tb: 0   cm: 0

ふわ柚子、秋冬限定の生菓子です。  

菓蔵家
CIMG4326burogu.jpg
ふわ柚子です。中餡に、朝倉産の柚子を練り込んで作っています。
菓蔵家

category: お菓子

tb: 0   cm: 0

耶馬溪の紅葉  

菓蔵家
IMG_0518burogu.jpg
仕事の忙しい合間を縫って、朝の仕事を終え、数時間程ですが耶馬溪
に行ってきました。季節を肌で直に感じるのも和菓子屋の
大切な仕事の一部なのです。
紅葉はもう少しでした。どんなに忙しくても秋になると
数時間でも時間を作って必ず出かけます。以前は、夕方から行ったりもしていました。
谷間は暗くなるのも早く、付いた頃にはすっかり闇の中。それでもいいのです。
秋から冬にかけての、山の夜の空気感が好きなのです。
後、10日程たってもう一度出かけようと思っています。
CIMG4074burogu.jpg
これは、菓蔵家で販売している紅葉の生菓子です。


菓蔵家

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

初めてのデジタル一眼レフカメラ  

菓蔵家
CIMG4304burogu.jpg
初めてデジタル一眼レフカメラを買いました。
入門用ということで、EOS kis X2にしました。
軽くて、楽です。
20代の頃は、銀塩式の一眼レフで主に、菓子の写真を
撮っていたのですが、コンパクトデジタルカメラが普及
し始めてからは、その手軽さと、便利さ故に、長いこと一眼レフカメラ
は使っていませんでした。
しかし、最近になって、やはりファインダー越しに写真が撮りたくなったのと、
あのシャッター音が聞きたくなったのです。
思えばあっという間にデジタル社会に変わってしまい、戸惑うばかりです。
デジカメは、何枚撮ってもフィルムの枚数を気にする事無く、
見るだけならコストがかからないので、非常に有り難いことです。
これから、菓子や風景や花などの写真をどんどん撮っていきたいと
思っています。
CIMG4300burogu.jpg
上は、菓子修業時代に、初めて中古で買った銀塩式のオリンパスのOM2です。
このカメラを持って、沢山菓子の写真や、就業先の
美しい奈良の風景や旅先での写真を撮った思い出の一杯詰まったカメラです。
CIMG4299burogu.jpg
上は、OM2の次に使っていた、キャノンのイオスシリーズ初代のEOS650です。
この当時、オートフォーカスはまだ珍しかったとおもいます。
このカメラも良かったのですが、いつの間にか軽くて便利な、コンパクトデジカメラ
ばかり、使うようになって行ったのでした。





菓蔵家

category: 道具

tb: 0   cm: 0

RKB今日感テレビ、生中継して戴きました。  

菓蔵家
CIMG4210burogu.jpg
今日は、RKBテレビ今日感テレビの、で、阿さひ飴本舗菓蔵家の
千歳飴の製造風景の生中継をして戴きました。
上は、田畑アナウンサーが、三奈木砂糖について説明
している所です。
CIMG4209burogu.jpg
菓蔵家会長(父)が田畑アナウンサーに、飴の製造方法を
説明している所です。
生中継ということで、皆、緊張していましたが、あっという間に
時間が過ぎてしまいました。
ディレクターの鴻上さん、アナウンサーの田畑さんはじめ、
スタッフのの方々も皆さんさすがに、クラフトマンシップを感じると
ともに、スタッフの皆さんの感じの良さが印象的でした。

熱心な暖かい人達が制作に携わるから、必然的に番組も暖かいものになり
画面からも、暖かさが伝わってくるんだなと感じました。
皆様、有り難うございました。・・・・・・・・・感謝

category: メディア取材情報

tb: 0   cm: 0

銀杏(いちょう)を作ってみました。菓蔵家  

CIMG4196.jpg
菓蔵家


CIMG2819burogu.jpg
山では、そろそろ銀杏(いちょう)が色付いてきた事でしょう。
阿さひ飴本舗・菓蔵家は今、七五三の千歳飴の製造で大忙しです。
山に行きたいのですが、なかなか行けないので
生菓子で、銀杏(いちょう)をつくりました。
生地は、外郎(ういろう)製で、中餡は小豆餡を練りきりで包みました。
とても、おいしいですよ。和菓子のいいところは、何かの理由で外出
出来ない時でも、菓子で季節を感じれる所だとおもいます。

 

菓蔵家

category: お菓子

tb: 0   cm: 0

王さんが再びお見えになりました。  

今日は、元ソフトバンク監督の王さんが再び、菓蔵家に御来店くださった。
昨年もちょうど、今頃、ご来店下さったとおもう。
今回は、サインを戴き「気力」と書いて下さいました。
再び、こんな田舎の何の変哲もない当店には、ご来店戴く事はないだろうと
思っていたので、お見え戴き本当にうれしかった。
スタッフ一同大いに、驚きと同時に、感謝いたしております。
菓蔵家

category: 徒然

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。