FC2ブログ
[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->

菓蔵家  野の菓子つれづれ nonokashi

simple is beautiful  筑紫平野は東北端、朝倉から心に感じたままに綴っていこうと思います。

野の道  

菓蔵家(R)

IMG_9064.jpg

やはり日本には梅雨は必要なんでしょうね・・・・・

筑紫平野の東北端です。

category: 野の風景

tb: 0   cm: 2

山波  

IMG_9038.jpg

雨の日のドライブ一瞬だけ雨が上がってくれました。

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

初めての雨  

菓蔵家(R)

IMG_8935.jpg

初めての雨撮り難しい・・・・・・・

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

  

かぐらや(R)

IMG_85572.jpg

朝倉市、安川地区、小石原川に架かるそんだ橋。

いずれ此の橋もツルピカの橋に架け替えられるのだろう。

出来れば掛け替えたことがわからないように新しく造ってもらいたいな・・・・・・・・・

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

パーコレータ  

菓蔵家(R)

IMG_3920.jpg

知人からいただいたパーコレータです。

わざわざ骨董市で見つけて届けてもらったものです。

コーヒー通の方からみるとパーコレータで入れたコーヒーは?と思う方もいらっしゃるかと思いますが

私はアウトドアが好きな上に恩人でもある知人からいただいたものなので又格別の思いで愛用させて

いただいているんですよ。

私にとっては愛着のあるパーコレータです。

category: 道具

tb: 0   cm: 0

木賊(とくさ)  

菓蔵家(R)

CIMG1357.jpg

仕事の商品の問題点もなんとか改善の見通しがついた。

ちょっとほっとしましたよ。ほっ!

写真の木賊(トクサ)は京都の街角で見たものですが、箱一杯にびっしり伸びていました。

私もトクサを店の横に植えているのですがこんなにはなりません・・・・・・

なんででしょうかね~

どうしたらこんなになるのでしょうか?

園芸やさんにもたずねたりしているんですが・・・・・・・・

category:

tb: 0   cm: 0

がんばろう!  

菓蔵家(R)

RIMG0102.jpg

今、既存商品の手直しをしていますがなかなかうまくいきませんね・・・・

でも頑張って改良しなければ・・・・・

がんばりますよ~。

category: 徒然

tb: 0   cm: 0

平日なのに  

菓蔵家(R)

IMG_8876編集

千光寺平日なのにけっこう多くの人が訪れていました。

当店から30分ほどなので気にはなっていましたが今回訪れてとてもよかったな~。

category: 徒然

tb: 0   cm: 0

何とんぼ?  

阿さひ飴本舗 菓蔵家(R)

IMG_8875.jpg

千光寺の池にいたトンボです。

昆虫には明るくないので何トンボかわかりません。

もっとアップで撮ろうとファインダーをのぞきながら進んでいたら池に落ちそうになりました。

ISO上がりすぎていることに気付かず撮って、その上縮小しているので画像粗くなりましたね・・・・・・

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

千光寺紫陽花  

菓蔵家(R)

IMG_8830.jpg

父の日で両親を連れて久留米の千光寺へ、

IMG_8814.jpg

梅雨空に咲く。

IMG_8806.jpg



IMG_8782.jpg


IMG_8848.jpg



IMG_8840.jpg


IMG_8847.jpg


IMG_8853.jpg

また逢いましょう。

category:

tb: 0   cm: 0

カントリーエレベーター  

KAGURAYA(R)

IMG_8712.jpg

朝倉市金川地区のカントリーエレベーター。

以前にもカントリーエレベーターの写真をのせましたが此処はまた違う地区のものです。

私が子供の頃は各農家が乾燥機を持ってありましたが今では此処で米や麦を乾燥させています。

筑紫平野には沢山のカントリーエレベーターが点在しています。

◇写真は梅雨入り前に朝倉市特産の川茸の採れる黄金川付近から撮ったものです。

 日の出の頃、朝日にサイロが反射するところが撮りたかったのですが朝日は雲の中でした。

 残念・・・・・・・・

 

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

雨ふり  

かぐらや(R)

CIMG33112.jpg

父の日の今日、雨降りですね・・・・・・・

私は仕事ですがみなさん雨の日のお休みの方はどんな風に過ごされてるのかしら?

category: 徒然

tb: 0   cm: 0

紫陽花  

かぐらや

IMG_8764.jpg

今日は娘と次男を女房の実家へ送った時に庭に咲いていたガクアジサイです。

それからちょっとテンプレートを白から黒に変えてみたのですが黒は難しい色ですね・・・・・・

菓蔵家ホームページ

category:

tb: 0   cm: 0

お知らせ。  

阿さひ飴本舗 菓蔵家

IMG_8372.jpg


大変お待たせしました。下記に菓蔵家ホームページリニューアル開設いたしました。

菓蔵家ホームページ

オンラインストアなどまだ未完成な部分もありますが少しずつつ手を加えて行きたいと思っています。

それからブログのほうも新しくお引っ越ししようと思っています。

ですがこちらのブログの方も菓蔵家フォトギャラリーとして続けて残してゆきたいと思っています。

今後とも拙い写真と文ですがどうぞよろしくお願いいたします。

                                    菓蔵家  店主


◎photo 菓蔵家イートインスペースです。

category: 店舗

tb: 0   cm: 0

初めてみました。  

菓蔵家

RIMG8696.jpg

昨日女房の実家で初めて見た榊の花です。

花を見たのははじめてでした。小指の爪先ほどの可憐な花でした。

category:

tb: 0   cm: 0

  

お別れの夕暮れ
佐野先生葬儀夕暮れ



6月11日公私ともに大変お世話になった版画家の佐野至先生がお亡くなりになられた。

とてもここには書き表せないほどのご恩をいただいた。

私はとてもとても不出来な教え子でありました。

色々な所へご一緒いただいた思いでが浮かぶ。

お宅におじゃました時には

「ようきたね~がんばりよるね。アリガトウ アリガトウみんな元気ね」
 
「床嶋君、少しぐらい変わっちょかんで どげんするかい!」

・・・・・・・先生の言葉が浮かんでくる。

甘木・朝倉の街中や野山をあるいていると先生の足跡には至る所で出逢うことが出来る。

先生のように強く故郷や人を愛せるようになりたいと思う。心よりご冥福をお祈りいたします。

葬儀の際にも読まれた先生の「版画集佐野至/ふるさと甘木あさくら」のあとがきの一文を載せておきます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

画集発刊など考えもしなかった。それでも描き続け、彫り続けてきたのは、棟方志功の「上手くそより、下手くそ」

の言葉に支えられたからです。「佐野至ふるさと版画集」など夢のような話も、退職という人生の節目だから実現する

のかも知れない。多くの方々に支えられ、こんなにうれしいことはありません。

いつの頃からか、先生になって良かったなと思ったし、至(イタル)の文字が好きにもなった。今でもイタちゃんと

呼ばれて楽しい。その音色の中に変わらぬ友情と、過ぎし日々が思われ、ふるさとがあるからでしょう。

  銅像山をかけ登る。なたね畑に沈む夕日。

  さらし乾す川原の石熱く、夏一日川遊び。

  霜の朝、校庭の陽だまり、みんなと走る。

  障子に電燈の温かい光、下駄の音、冬の夜。

  子供の頃の町並、土や石垣や野原の雑草、木登り、雨後の水たまりがこいしい。

わが青春時代は戦争だったから、一生ロマンを追い求めるのかもしれない。
 
教職、沢山の子供たちが通り過ぎてゆく、あの顔、あの声、みんなと歩いた道、登った坂、無我夢中で忙しく走り

まわったような気がする。気がついてみると結婚式場で祝詞を得意顔で言っている。みんないつか帰ってくる、

ひげをはやし、前髪を上げて化粧して、子供をつれて、しわを増して帰ってくる。楽しい話、きつい話、街に生きる

物語。何でも話すがいい。ミュージカル「屋根の上のバイオリンひき」や「キャッツ」のテーマ曲のように聞こえる、

相変わらずきびしくガンコな返事をするだろう、先生らしく。「イタチ会」の皆んなは私に勇気とやりがいをわからせ

てくれた。教え子の皆さん有り難とう。

絵は好きだったが字が下手で、今でも上手になれない。文章はえん歌調だし、版画は情はあっても美しくない。

夜おそくまで仕事をするから火の用心にはなる。何度描いてもうまくゆかず、夜中の二時頃になっても出来ず

外に雨がふる時など悲しくなる。健康にめぐまれ、多くの方々と出会い、手をにぎって今があると思うと、

涙の出る程有難く今後の生き方もおのずから決まる気がする。

一度ゆっくり歩いて来た道をふりかえり、新しい時代に対するエネルギーを蓄積する時間がいる。

そして、もっと楽しい、もっと嬉しい、もっといい仕事のできる、尽くす時代に向かってスタートすることにしよう。


版画集出版にご協力いただいた関係諸氏に心から感謝いたします。

ありがとう皆さん、ありがとうございます皆さん。へこタレません。 

一九八六年三月十五日 最後の卒業式の日、晴れ

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


◎写真は先生とお別れした日の甘木の夕暮れです。














category: 未分類

tb: 0   cm: 4

ご迷惑おかけしてます。  

カグラヤ(R)

IMG_8651.jpg


菓蔵家ホームページ只今リニューアル中です。

今しばらくお待ち下さい。


photo 鍋が滝

category: 店舗

tb: 0   cm: 0

初夏の鍋ヶ滝  

かぐらや(R)

IMG_8643.jpg

初夏の鍋ヶ滝です。

前回訪れてとてもキレイだったので再び行って来ました。

しかし、今回はとても人が多く滝の全景は撮れませんでした。

写真下の方は人が沢山いました。

IMG_8672.jpg

夏木立

IMG_8669.jpg

写真は私です。

・・・・・・嘘です。

実は今回 同行した菓蔵家の男性スタッフです。

ペンタのK7使いです。最近めっきり腕を上げてきました。

もうすぐ追い越されそうですが・・・・・・・



category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

橋のある風景。  

菓蔵家(カグラヤ・呼称)

IMG_8594.jpg

朝倉市・秋月地区野鳥川にかかる眼鏡橋です。長崎から石工を呼んで造ったそうです。

初夏の秋月もいいですよ~

IMG_8549.jpg

野鳥川は下って小石原川と合流。

ここは朝倉市安川地区小石原川に架かる、そんだ橋です。河畔には沢山の菖蒲が咲いていいですよ。

category: 野の風景

tb: 0   cm: 2

たまには  

菓蔵家・カグラヤ(呼称)(登録商標第2509613号)

IMG_8376.jpg

先日行った宮地嶽神社付近の海です。



菓蔵家・カグラヤ(呼称)(登録商標第2509613号)

category: 野の風景

tb: 0   cm: 0

江戸菖蒲  

かぐらや

IMG_8452.jpg

昨日は休日だったので福津市の宮地嶽神社へ江戸菖蒲祭りへ。

IMG_8425.jpg

お清めです。

IMG_8488.jpg

願い。

IMG_8456.jpg

境内一杯に沢山の花が色とりどりに咲いています。両親と女房も一緒です。

IMG_8445.jpg

菖蒲の花もそれぞれに名前があるのですが私には判別できません・・・・・・

IMG_8473.jpg

とっても美しいですね。何だか今までと上生菓子に対する向かい方が違ってきました・・・・

IMG_8469.jpg

白い菖蒲も素敵です。

IMG_8472.jpg

今回此処には初めて訪れたのですが神社の境内を埋め尽くした花菖蒲は情緒豊かで心が落ち着きますね・・・


category:

tb: 0   cm: 0