FC2ブログ
[FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->

菓蔵家  野の菓子つれづれ nonokashi

simple is beautiful  筑紫平野は東北端、朝倉から心に感じたままに綴っていこうと思います。

坊主  

菓蔵家
IMG_1397.jpg
最近、頭を坊主に丸めている。
人から、何で坊主にしたんですか?とか、
職人さんみたいでいいですね!
何か悪いことでもしたのか?、などといわれる。
別に特別な理由からではないのだが、たまたま入った理容室で最初は普通にカットして
もらった。しかし、そこのご主人がものすごい花好きでカットの間中、花の話である。
しかも、奥さんを連れていくのが楽しみだそうだ。奥様も花好きで、連れて行くととても
喜ばれるのだそうだ。奥様の喜ぶ顔見たさに又連れて行くのだそうだ。
私も、花がすきなのでほほえましく想い楽しかった。

しかし、しかしである。カットの腕は花の話しほにどうまくなく、家に帰って鏡でみると頭がなんだか
傾いて見えるのだ。家人からもその頭、自分でカットしたのかと聞かれた。
最悪の髪型だ!カットの腕には大変不満だが、花の話は又聞きたいので、髪が伸びたら
又、あの花好きのおやじさんの所に行くのか迷っていたが、いい案を思いついたのだ。

そうだ、きっと坊主頭なら腕なんか関係ないんじゃないかと気付いたのだ。
さっそく、髪が伸びて傾いた頭も落ち着きカッコ良くなってきた頃、花好きのおやじさんの顔が浮かんだのだ。

薄氷を踏む思いで例の理容室に行き、坊主頭にして下さいと頼んだのだ。
はい、わかりましたと自信に満ちあふれた気持ちのいい返事。
さっそく例によって、又、花の話である。
しかし、坊主頭はカット時間が非常に短いのだ。なので前回程、花の話は聞けなかった。

カットも終わり、料金を支払い、車に乗り込み帰り道バックミラーで頭を確認すると、なんと、花の話に
夢中になって、もみあげを左右両方とも刈り忘れているのである。
これでは、子連れ狼に出てくる大五郎ではないか。

もう、理容室より家のほうが近いので、家に帰り自分でもみ上げをカットした次第である。
坊主頭を見た、妻は笑い、長男は目が点になり、次男はカッコ悪いといい、娘にいたっては口を
聞いてくれなかったほどだ。
頭を、坊主にするには家族の理解も必要だと気づいた
しかし、あのご主人なんだか憎めないのである。
今度、もう一度行くかどうかは思案中だ。
今度はいっそのことツルツルそってもらおうか・・・・・・・・
それとも、お金だけ払ってカットはいいですからなんとか
花の話だけお願いできないでしょうかと云ってみようか・・・・・・
しかしもう、私の頭には、楽しそうに花の話をするおやじさんの顔がうかんでいる。

☆写真は大雨で放流中の寺内ダム。

category: 徒然

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokoshima.blog25.fc2.com/tb.php/174-f21b59b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)